焼岳(下掘沢)

2003・3・23 晴     参加者 MDさん、MKさん、Oさん、Tさん、N(私)

大正池と穂高連峰 焼岳山頂にて 焼岳より滑降

  釜トンネルは天気がよいせいかうっすらと光が入ってきており、ヘッドランプは必要なかった。

  下堀沢下部から右岸よりの稜線を登って行くが下の方はかなりの急登。林も混んでおり滑るのには適していない。

1700m付近からは木もまばらになり明るい斜面が続く。滑っても気持ちがよさそうだ。   2200m付近からは焼岳手前の大斜面が現れ早く滑りたいという欲求にかられる。先達の滑りも気持ちよさそうだ。 他のパーティはみんな2300m付近で登るのを断念し滑り出したが、我々はあくまで山頂を目指す。

  山頂直下の急な斜面をキックステップで慎重に登ると、穂高連峰や笠ヶ岳が間近に見える。硫黄のにおいに岐路の温泉を夢見て、いよいよ滑降を開始する。

  雪質はあまりいいとは言えないが、大斜面を滑るのはまことに気持ちがよい。雪の状態自体は安定している。途中で下りた仲間もいるので下堀沢を滑ることにする。

  振り子状の沢の入口を通過し、しばらく滑ると小石が頻繁に落ちているところに来た。中には大きな石も混じっている。デブリを乗り越えながら急いで通過する。

  下堀沢からは梓川の上を釜トンネルの枝出口まで滑ることができ、快適な山スキーは終わりを告げた。

★参考コースタイム:
釜トンネル〜下堀沢下部まで、約1時間
下堀沢下部〜焼岳山頂まで、 約3時間
焼岳山頂〜下堀沢下部まで、 約1時間
下堀沢下部〜釜トンネルまで、約1時間

inserted by FC2 system