後立山(鹿島槍)

  2001.5.3夜発〜2001.5.5

  参加者 O、N、IWA、SG、I、Y、K、W゙、M夫妻、I婦人、NG

              (MKさんは事情により車の運転練習の為、大谷原で待機。)

  コース 赤岩尾根〜冷池小屋〜鹿島槍ケ岳往復〜種池小屋〜針ノ木岳〜扇沢

  行動概要

鹿島槍頂上からの展望

爺ケ岳頂上からの展望

  天候が悪いので予定を変更し5月3日昼から出発。西名阪〜名阪にかけて30kmの渋滞。のろのろ運転で約1時間遅れる。天気は曇りがちで、車窓から見るアルプスには新雪が積もりかなり白くなっていた。

  豊科のドライブインで千円の食べ放題の夕食を取る。大町の餃子が食べ放題になってしまった。この日は大谷原でテントを張って泊まる。

  朝から天気は回復しテント撤収、5時40分頃出発。赤岩尾根を谷から突き上げる。新雪が積もり、ところどころ表層雪崩が出ていた。一気に高度を稼ぎ、先行したO、N、IWAさんは高千穂平に9時過ぎ到着。冷池小屋には10時半に着いた。

  尾根に出るトラバースのところでも雪崩が出ていて少し状態が悪かった。小屋横にてテントを設営し、休息しながら後続を待つ。しばらくして、残り3名が到着する。遅れて、Sさん、Wさん到着。最後にM夫妻、Iさん、NGさんと続いて到着。最終は12時15分。

  12時半より鹿島槍ケ岳南峰に向かう。O、N、IWAの3名はスキーを担いで登る。I、Y、S、K、Wさんが参加。

  3名は頂上からスキーを試みたが、雪不足で谷に向かって少しだけの滑降。それでも所々に残る残雪を拾いながら小屋まで滑る。小屋に3時過ぎに帰る。

  5月5日、鹿島槍に登ったので、早々と帰る話が昨日から出ており、O、N、IWA、M夫妻を除くメンバーは爺ケ岳の南陵経由柏原新道を下る事なった。

  下山組は11時に扇沢に到着、車を大谷原まで取りに行く。O、N、IWAの3名は早足に飛ばし、針ノ木岳を目指す。スバリ岳に1時前に到着、針ノ木岳との鞍部から滑降した。雪が腐っており、表層の雪崩後があり、滑りにくく快適ではなかった。

  針ノ木雪渓は山スキーヤー、テレマーカーで賑わっていた。下の 林道にも残雪があり、かなり下まで滑って降りる。扇沢のバス停に2時40分到着。かなりきつい行程でした。 M夫妻も約2時間弱遅れで扇沢に到着。5名は予定通り山行を終了しました。Nさん曰わく、「これほど滑らずに板を担いで縦走したのは初めてや〜」

inserted by FC2 system