秋山登山―唐松岳〜白馬岳

2001.9.22〜24    参加者 ISさん、MNさん、IWさん、Mさん、IT夫妻、O(記)

  ヨーロッパの登山が終り、スキーシーズンに入るまでの間、日本の登山を楽しんだ。昨年の秋山登山は唐松岳から五竜岳、鹿島槍ケ岳に縦走したので、今年は逆にその先の北方向、白馬岳縦走を行った。急な寒気の流入があり冷え込んだが、秋晴れに恵まれた。

  22日夜に大阪から三重県松阪でIさんと合流、八方に向かう。翌日、ゴンドラとリフトを乗り継いで第一ケルンまで上がり、唐松岳まで八方尾根を登る。

連休なので結構な人出であった。快調な登り2時間半で唐松小屋に到着。小休止後、唐松岳、不帰キレット、天狗岳を経て天狗山荘に3時半に到着した。

  歩程8時間。予定より1時間ほど早かった。不帰U峰の下りも難無く通過できた。早速、テントを張りビールで乾杯。午後の日差しを浴びて、しばし幸せの時間を過ごした。

  翌24日は天狗山荘を4時50分に出発。鑓ケ岳頂上にてご来光を拝んだ。鑓ケ岳のシルエットが対面の山に影絵となって写り、影絵と富山湾、能登半島の景色の並びを楽しむことができた。

  杓子岳はピークを迂回して通過。大雪渓との分岐点に6時50分到着。早速、荷物を置いて白馬岳を往復する。1年半振りの頂上に立つ。前回まではすべて積雪期の登頂であったが、今回は初めて土を踏んでの登頂であった。

  下りは、かなり雪解けの進んだ大雪渓を白馬尻小屋まで2時間弱の下降、猿倉には、10時半に到着。たまたま上がって来た予約タクシーに便乗を頼み、途中まで乗せてもらって車を取りに行くことができた。 そして、八方へ移動する途中「みみずくの湯」で入浴、仲間と天候に恵まれた素晴らしい山行を終えた。


inserted by FC2 system